サロベツ湿原センターとサロベツ原野(豊富町)

サロベツ湿原センター

サロベツ原野の中にあり、ラムサール条約に指定されているサロベツ湿地。
その玄関口に建つ環境省の案内施設「利尻礼文サロベツ国立公園 サロベツ湿原センター」は2012年に公開された日本映画「北のカナリアたち」のロケ地として使用された。

※他に北海道内でラムサール条約に登録されている場所は釧路湿原(釧路市)、クッチャロ湖(浜頓別町)、別寒辺牛湿原(厚岸町)、大沼(七飯町)、野付半島・野付湾(標津町・別海町)など。
サロベツ湿原センター
サロベツ湿原センター

かつて使われていた泥炭採掘船。
サロベツ湿原センター

館内にはサロベツ原野に関する資料や近隣に生息する動植物の情報など。
サロベツ湿原センター
サロベツ湿原センター
サロベツ湿原センター
サロベツ湿原センター

サロベツ湿原センターの裏にある、サロベツ原生花園。
木道で湿地内を散策できる。(1周1km)
サロベツ原野
サロベツ原野
サロベツ原野

利尻礼文サロベツ国立公園のシンボル、日本百名山の1つに選定されている標高1,721mの利尻山。
海の向こうの利尻島にありますが、まるで陸続きで辿り付けそうな感じがする。
サロベツ原野
サロベツ原野

稚内へと真っ直ぐに伸びる道路、通称「日本海オロロンライン
20km先には利尻島と利尻山が見えます。
サロベツ原野
サロベツ原野

宮ノ台展望台(サロベツ展望台)豊富町




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA