倉狩 聡「かにみそ」

倉狩聡

作品:かにみそ

2013年、第20回日本ホラー小説大賞優秀賞受賞作。

倉狩聡

著者:倉狩 聡

出版社:2013年10月28日 株式会社KADOKAWA(角川書店)

あらすじ

無気力で定職にも就いていない20代の私はある日、海岸で小さな蟹を拾った。
蟹は何でも食べ、日に日に大きくなっていった。
そして、人語を理解するようになっていった。
蟹との生活に楽しみを見出し、蟹の食費を稼ぐために仕事を始めた私。
しかし、私は同じ職場の恋人を衝動的に殺してしまう。
死体を前に、私の脳裏には、何でも食べる蟹の姿が浮かんでいた・・・

感想

私がこの作品を手に取ったきっかけは、奇抜かつカオスなあらすじを読んでしまった事です。

拾った蟹が何でも食べて大きくなって、更には人語を操るようになった。一方、主人公は殺人を犯してしまい、死体を蟹に食わせることを思い付く

表紙のイラストも相まって、「何だこれ」と思うと同時に、物凄く興味を惹かれました。
ジャンルとしてはホラーですが、蟹が喋る時点でかなりコミカルなようにも感じられ、どんな風に物語が展開するのか全く想像できません。
とにかく気になってしまい、手に取らずにはいられませんでした。

そして、あらすじの次に目に付いたのは「泣けるホラー」なるキャッチコピー。
あらすじを見る限り、どう考えてもこの作品の内容は「ファンタスティックなサイコホラー」なので、このキャッチコピーは全く当てにしていませんでした。

しかも主人公と蟹は、主人公の彼女を皮切りに次々と殺人を犯します。
そんな輩の物語に、泣けるほど入れ込むことが果たしてできるのでしょうか。
そもそも、「ホラー」と「泣ける」と言う2つの言葉が共存している事自体に無理があるので、「泣けるかどうかは別して、ホラーなのは確か」と言う気持ちで読み始めましたが、読み進めてみれば意外や意外。

この作品はホラーであり、サイコであり、ファンタジーでありながら「主人公の心の成長を描いた物語」でもあったのです。
主人公と蟹の友情、そして主人公の心の動きがじっくり描かれている分、クライマックスは切なく、そして納得のいくもので、「泣けるホラー」のキャッチコピーに偽りはありませんでした。

【電子書籍を読むならKindle(キンドル)がオススメ!】
何冊読んでも、重さは一緒!
↓↓↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA