期待し過ぎず、理想を高くし過ぎない

地域おこし協力隊

理想と現実のギャップに苦しまないために

どのような理由で地域おこし協力隊に応募した事を後悔するか、失敗したと感じるかは人それぞれです。
しかし、応募前に期待していた理想と現実のギャップが原因で辞めてしまう人が多い気がします。

都会の人が田舎に移住し、地元の人たちと協力しながら問題の解決や地域おこしに取り組んでいく。
高齢化や過疎化に苦しんでいた地域を復活させ、活気を取り戻す・・・まるで映画のテーマにもなりそうなイメージです。
こうしたイメージに憧れて地域おこし協力隊に興味を持つ方も多いはずですが、大抵の場合は実際に移住して活動を始める段階で理想と現実のギャップに悩まされる事になります。

「地方を自分の手で変えていく」

そんな使命感のようなものを持って仕事に臨む人ほど、疲れて仕事に嫌気が差すのではないでしょうか。

これは隊員側の問題とは限らず、自治体側のサポート体制が整っていない事も大きな原因です。
自治体側の対応はそれこそ千差万別なので一概には言えませんが、サポート体制は十分とは言えません。

地域おこし協力隊

期待し過ぎず、理想を高くし過ぎない

「理想と現実のギャップ」に苦しまないためには、

・期待し過ぎない
・理想を高くし過ぎない

この2つが重要です。

地域おこし協力隊はスーパーマンではありません。
そしては、今すぐ結果が出るものでもありません。

「よそ者が型破りの方法でたちまちたちまち地域が活性化」なんていうのはドラマの話です。

「10」り理想や志を持っていても、やれるのはせいぜい「5」か「6」くらいでしょうか。

もちろん地域おこし協力隊の仕事にやり甲斐を感じ、期待や理想を持つ事は必要なのですが、意外とやる事は限られるので、自分の力で全てが変えられるとは思わない方が良いです。

長い目で見て地道に粛々と業務を遂行し、「狙える時に『7』か『8』を狙う、これくらいでちょうど良いのかもしれません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA