バッテリー上がり

北海道

最強クラスの寒波が襲った北海道。
札幌から遠軽行きの高速バスの中は相変わらず極寒だった。
(しつこいようだが、バスが悪いのではなく、寒すぎるのが原因)

帰宅して部屋の中の石油ファンヒーターをつけると・・・室内温度の表示が「Lo」となっていた。
これ、0℃以下って事。
北海道

1℃や2℃の時はたくさんあったが、ついに部屋の中も氷点下になったか・・・
ああ、引っ越そう、そうしよう。

そして日曜日の朝、車がウンともスンとも言わない。

マジか!?(゚∀゚;;)

うーん、役場の人を呼ぼうにも、先日の件があるしなぁ。

自動車保険のロードサービスに電話して、こっそり「何もなかった」事にしよう。

しかし・・・

「出動が多すぎて本日中の対応不可。自分でJAFとか呼んでもらって、かかったお金は後日精算します」

あらまー、こんな事ってあるのねぇ。(・_・;)

とりあえずJAFに電話すると・・・

「出動が多すぎて対応不可です。お役に立てずに申し訳ありません」

なんですってー!!(# ゚Д゚)

おのれ最強寒波!!許さんぞ!!

結局、一緒にドローンを飛ばしているS務課K報係のM谷主任に「大変でござる!エンジンがかからないでござる!!。・゚゚(ノД`)・゚゚・。」と助けを求める事に。

わずか7分で駆け付けてくれたM谷主任は「まぁ、北海道じゃ良くある事だから」と、慣れた手付きでブースターケーブルをバッテリーに繋ぎ、あっと言う間にエンジン始動。
北海道

いやはや、さすが。
これからは保険会社じゃなくてM谷主任に保険料を払おう。
うん、そうしよう。

さすがにもう普通のバッテリーでは限界、と言うより「もうそろそろ寿命かなー」と思っていたので、そのまま紋別のイ◯ローハットに行き、寒冷地用の大容量バッテリーを購入。

つい最近、スタッドレスタイヤも新品で買ったばかりなのに、北海道の暮らしってお金かかるのねぇ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA