創業特別研修会(札幌)

札幌

18、19日の全道研修会が終わり、翌日からはそのまま札幌で操業特別研修。
誰でも参加できる訳ではない超限定研修で、なんと参加者は私と小平町のA生さん、N頓別のY下君の3人のみ。
(みんな顔見知り)

良いですねぇ。
全道研修会みたいにゴチャゴチャした研修より、こう言う少人数の方が好きだ。

講師は北海道の影のフィクサー(と勝手に私が思っている)Y澤氏。

【1日目】———————
【10:00~20:00】
■創業の基礎知識
■ビジネスモデルキャンバスを活用した創業準備
■創業時の社会保険などの手続き(ゲスト:社会保険労務士)

【2日目】———————
【10:00~20:00】
■ビジネスモデルキャンバスの作成・ブラッシュアップ・発表
■元金融関係者が語る資金調達法(中小企業診断士)

【3日目】———————
【10:00~13:00】
■資金計画を考える
■3日間のまとめ、感想
【創業特別研修会全日程終了】
———————

内容が「起業・創業について」「ビジネスの基礎」、「資金調達」、「売上目標・収支計画」、「金融機関との付き合い方」、「社会保険関連」、「税務関連」など、非常に実用的かつ多岐に渡り、分からないことや専門用語がたくさん出てきたが、参加者3名がお互い顔見知りであり、決して堅苦しくなく、適度に雑談しながら学べたのが良かった。

変に肩に力を入れても、頭に入ってこないもんね。
札幌
札幌
札幌

講師陣は現役の社会保険労務士や中小企業診断士、さらに元金融関係に従事していた方の「融資、補助金、助成金にまつわるお金の話」、「脱税や粉飾決算に関して」など、普通の研修やセミナーでは聞けない裏話もたくさん。

「ええ!?そんな事まで喋っちゃって良いの!?」

みたいな話も聞けて面白かった。

夕方6時以降は「実地研修」との事で、Y澤氏の知り合いの飲食店へ行き、店長に経営に関する苦労話やコツなどを聞きながら食べて飲んだ。
(決して飲み会ではない)

札幌
札幌

事務所から札幌市西部の手稲区と西区に跨る手稲山(標高1023.1m)が見える。
札幌の中心部にいると単なる都会だが、ほんの少し離れると大自然があるから不思議。
札幌

ちなみに夕方5時過ぎの空。
オホーツク地域は4時半の時点で真っ暗なのに、札幌はなんでこんなに明るいんだ!?
札幌

2日目の夜(9時過ぎ)、みんなで飲んだ後にY澤氏の事務所へ戻り、2日間の振り返り・・・と言うより酔っ払ったから休憩していただけなんだけど。(笑)

トイレに入った途端、ゴトゴトゴトガタガタガタ・・・

ひぃぃぃー!((((((;゚Д゚))))))

「地震だ!地震!!」

札幌北区は震度5弱。(厚真町は震度6弱)

テレビをつけると「札幌市営地下鉄全線(南北、東西、東豊)運転見合わせ」の文字と、札幌駅で右往左往する大勢の人達が映し出されていた。

あらまー・・・(・_・;).

「そうだ!電気は!?」

昨年9月6日、最大震度7の胆振東部地震と北海道全域停電の「ブラックアウト」が蘇る。
(ちなみにエリア全域に及ぶ大規模停電「ブラックアウト」が発生したのは日本初だそうな)

幸いにも電気が消える事はなく、次々にテレビに映る地震速報をぼんやりと眺めていた。

「札幌市営地下鉄全線、終日運転見合わせ」

なんとー!(゚Д゚;;)

すかさずY澤氏が近くのタクシー会社に電話すると・・・2時間待ち。( ̄□ ̄;)
ホテルまではみんな大体3~5km。

「歩くか。食後の運動だ」

そう思いながらみんなで事務所を出た瞬間、タクシーがつかまる。(・∀・)

ラッキー!と喜んだのも束の間。
ホテルのエレベーターが停まっていて、7階まで階段と言う、素敵に無敵なオチが待っていた。

さて、明日は東京だ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA