hana女フォト講座

フォト講座

5月18日、チューリップが見頃を迎え、かみゆうべつチューリップ公園は多くの来園者で大賑わい。
チューリップ公園
チューリップ公園

そんな中、札幌から講師を招き、カメラの操作やチューリップの魅力的な撮り方を学ぶ「hana女フォト講座」が開催され、スタッフとして参加した。
講師を務めて頂くのは、写真家の渡邉 真弓さん
http://www.allo-japon.com/

フォト講座

フォト講座
フォト講座

午前中は初心者コース、午後は中・上級者コースで、富士フイルムさんのカメラやレンズの無料レンタルサービスもあると言う、なかなかお得なフォト講座だ。
まずはふるさと館JRYのメディアシアターで30分ほどカメラの操作、機能の説明、撮影方法などの座学で、その後にチューリップ公園で思い思いにチューリップを撮影する。
フォト講座
フォト講座

ちなみに、「hana女」と銘打っているので、参加者は全員女性である。
念のために言うが、私はスタッフ&役場の広報としての参加なので、女装はしていない。

渡邉講師の自己紹介、そしてスタッフの自己紹介。

「どうもー、地域おこし協力隊の富樫ですー。2017月10日に山梨県から引っ越してきましたー。今日は広報も兼ねていて、デカい体でウロチョロするかもしれませんが、気にせずに楽しんでくださいねー(・∀・)」

『趣味は何ですか?』

「趣味は・・・カメラと・・・・ピアノです(゚∀゚;)」

『後で弾いてもらいましょう!』

「いやいやー!フォト講座ですからね、フォト講座(゚∀゚;;)」

実は昨日、渡邉講師やコーディネーターさん、富士フイルムさん達を会場に案内し、「ここはコンサートやライブなども行われているんですよー」と、さらっとグランドピアノを弾いたところ

「すごーい!!!∑(゚Д゚ノ)ノ」

と、あまりに期待通りの反応をしてくれたので、富樫さんは別の意味でやり切った感全開だったのでござる。

それで、コーディネーターのKさんが真顔で「最後に弾いてもらいますからね?フリじゃなくて、ホントに(`・ω・´)」と。

だが、正直に言おう。

こっそり練習しちまっ(略

話を戻そう。

昨年は見頃の時期に天気が崩れて気温が下がってしまい、チューリップの花びら閉じてしまったが、今年はバッチリ。
約200種類、約80万本ものチューリップが絨毯のように敷き詰められた光景はお世辞抜きに圧巻である。
チューリップ公園
チューリップ公園
チューリップ公園
チューリップ公園
チューリップ公園
チューリップ公園
チューリップ公園
チューリップ公園
チューリップ公園

ただ・・・暑い!!気温は25℃を超え、今年初の夏日となった。
夏は灼熱地獄の山梨県から来た私にとって25℃なんて大した事ないと思ったが、やっぱり暑いものは暑い!!

ふるさと館に戻り、まとめ。
フォト講座

すると・・・

「では、富樫さん」

「・・・はい?(´・ω・`)」

「ピアノ演奏を」

「(゚Д゚≡゚Д゚)」

出過ぎた真似とは思いつつも、参加した方のお見送りBGMとしてパッヘルベルのカノンと西村由紀江の「空が青い理由」と「あなたに最高のしあわせを」を無理やりメドレーで弾かせて頂きました。

遠軽町からW隊員とK隊員も来てくれて、とても楽しい1日だった。

渡邉講師、皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。(・∀・)

フォト講座

「これでもか!」と言わんばかりに炎天下でチューリップを撮りまくり、2日間も顔の日焼けのヒリヒリに悩まされたのは、良い思い出です。

チューリップフェア2019(湧別町)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA