オホーツクに帰って来て思う事

オホーツク

こうしてオホーツク海を眺めていると、ちょうど2年前の10月に地域おこし協力隊として湧別町に来た時を思い出す。
オホーツク

湧別町へ

山梨から新潟、そこからカーフェリーで18時間かけて小樽、そして3時間半走ってオホーツクへ・・・
カーフェリーが新潟港から離れる時、「これは片道切符になるかもしれない」と、さすがに不安になった事を覚えている。

旅行の時は「北海道楽しみだなー」とウキウキワクワクするのだが。

40回以上も訪れ、何となく頭の片隅にあった北海道移住。
ほぼ全域訪れた中で、「最も知らない土地」だったオホーツク。
オホーツク
オホーツク

やはり旅行と住むのとでは全く違うので、苦労した事や大変な事もたくさんたくさんあったが、今ではオホーツクに来て本当に良かったと思う。

自分でもびっくりするくらい茨城や山梨に帰りたいとは思わなかった。

私と同じ元山梨県民で今は高知の高松で働いているK丸君も「山梨に行ってもやりたい事や行きたいところがない」と言ってたし。
たまに南アルプスや八ヶ岳の景色が懐かしくなる時はあるけども。

北海道民になってまだ2年。

まだまだこれから。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA